輸入住宅を購入する場合に留意する点とは

###Site Name###

輸入住宅には大きな魅力がありますが、購入には留意点を良く理解した上で行う必要があります。まず、納期があります。


輸入住宅は、建築に必要となる部材を現地から船便で輸送することになるために、北米やヨーロッパからだと、調達から入手するまでに最低でも2ヵ月程度かかることになります。

日本に在庫が無い場合や受注生産の対象となる商品も多く、最悪、建材が届かずに工期に影響してしまうことになります。

今すぐ見つかるgoo ニュースの情報といえばココです。

依頼をする場合には、余裕のあるスケジュールを組むことと同時に、国内在庫に関しても確認を行っておくことが必要になります。2つ目としては、部材や機器の互換性があります。輸入住宅で使用されている建材等は日本仕様で作られている場合には問題はありませんが、中には互換性が無い商品もあり、その場合には取り付けや交換などができなくなるために注意が必要となります。

特に個人輸入で後付けをする場合などではその可能性が高く、什器などに関しては事前に確認をした上で購入をすることが大切なことになります。

故障に関心しても注意が必要となります。

住宅ではアフターサービスが重要なものとなりますが、設備の故障や破損に関しては要注意となり、在庫が無い場合などでは現地から取り寄せる必要があり、時間がかかることになります。

磐田の赤毛のアンのような輸入住宅の最新情報を紹介します。

輸入住宅の楽しみの一つに部材や機器の選択があります。



この場合、必ず、ショールームで実物を確認してから決定をする必要があり、輸入品に関しては、写真と実物のイメージが異なる場合もよくあることを理解しておく必要があります。